*

特別な医療

公開日: : 最終更新日:2014/10/13 6 その他の項目

看護師より点滴を受ける

5群までの調査が終わったら最後はその他の項目という6群の調査に入ります。

まず、ここでは過去14日以内に受けた特別な医療という項目があります。
これは、対象者が次にあげる医療行為を受けているかどうかを質問するものです。
具体的には、

  • 点滴の管理
  • 中心静脈栄養
  • 透析
  • ストーマ(人工肛門)の処置
  • 酸素療法
  • レスピレーター(人工呼吸器)
  • 気管切開の処置
  • 疼痛の看護
  • 経管栄養
  • モニター測定(血圧、心拍、酸素飽和度等)
  • じょくそうの処置
  • カテーテル(コンドームカテーテル、留置カテーテル、ウロストーマ等)

のうち、受けている医療行為をチェックすることになります。

これらの医療行為を主治医による指示のもとに看護師等が行う場合に限られますが、
家族や介護職員が行う行為は含まれません。

ただし、
家族、介護職種の行う類似の行為は含まないが、「7.気管切開の処置」における開口部からの喀痰吸引(気管カニューレ内部の喀痰吸引に限る)及び「9.経管栄養」については、必要な研修を修了した介護職種が医師の指示の下に行う行為も含まれる。

とされております。
また、高齢者は特に夏場に一時的に脱水症状があり、病院で点滴を受けたりする方も多いのですが、
ここでいう医療行為は急性疾患によって一時的に受けている医療行為ではなく、
継続して受けていることが前提になっているので、この場合は該当しないことになります。

 

※指摘を受け、修正いたしました。ご連絡ありがとうございます。(H26.10.13)

アドセンス336

関連記事

寝たきり度の判定

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)

第6群の調査項目で、障害高齢者の日常生活自立度というものがあります。 これは、寝たきり度と

記事を読む

認知症の状態についての観察

認知症高齢者の日常生活自立度

障害高齢者の日常生活自立度と同じように、 認知症高齢者の日常生活自立度という調査もあります

記事を読む

アドセンス336

Comment

  1. むこすた より:

    >これらの医療行為を行っているのが医師であっても、看護師であっても、家族であっても、特定の条件下で許可されている介護職員等であっても、
    >同じようにカウントされます。
    >つまり、誰がその医療行為を行っているのかについては特に関係がありません。

    テキスト146ページ下部より抜粋です。

    ここでいう「特別な医療」とは、医師、または、医師の指示に基づき看護師等によって実施される医療行為に限定される。サービスを提供する機関の種類は問わず、医師の指示が過去14日以内に行われているかどうかも問わない。
    家族、介護職種の行う類似の行為は含まないが、「7.気管切開の処置」における開口部からの喀痰吸引(気管カニューレ内部の喀痰吸引に限る)及び「9.経管栄養」については、必要な研修を修了した介護職種が医師の指示の下に行う行為も含まれる。

    家族が行う行為は含まないと明示されています。誰がその医療行為を行っているかは非常に重要で、「実施頻度/継続性」、「実施者」、「当該医療行為を必要とする理由」について特記事項に記載しなければなりません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護予防チェックリスト
要介護認定が受けれない?総合事業の壁。

介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業という事業

no image
区分変更申請とは?

いったん要介護認定が出たあとで、 対象者の状態が急激に悪化し

調査員に対する怒り
認定調査員の態度や調査の仕方に不満があったら・・・

認定調査の調査員も様々です。 新規申請の場合は市役所の担

要支援2と要介護1とは認知症の有無・状態の安定性で判別される。
要支援2と要介護1はどこで分かれるのか?

要介護認定訪問調査の情報での一次判定において、要支援2と要介護1は同じ

認知症の状態についての観察
認知症高齢者の日常生活自立度

障害高齢者の日常生活自立度と同じように、 認知症高齢者の日常

→もっと見る

  • 不安解消!親の入院・介護のしくみと手続きがすぐわかる本 あなたの親を支えるための 介護準備ブック 新・要介護認定調査ハンドブック 第3版 改訂新版 上手に活用!介護保険&介護サービス: 要介護560万人時代の必須知識!
PAGE TOP ↑