*

「 月別アーカイブ:2014年05月 」 一覧

爪切り

「爪切り」は手足の爪切りに関する項目です。 爪切りをするのに、誰かの介助を受けているかという調査内容です。 介助されていない 一部介助を受けている 全介助 手の爪は

続きを見る

洗身

「洗身」は、浴室などでどのように体を洗っているかという項目です。 介助をされていない 一部だけ介助をされている 全介助 行っていない という4つの項目から選択

続きを見る

片足での立位

  続いての調査項目は、「片足での立位」です。 これは片足を上げた状態で一秒程度バランスを保っていられるかというものです。   つかまらずに姿勢を

続きを見る

立ち上がり

次の項目は、「立ち上がり」です。 椅子からの立ち上がり動作ができるかどうかの調査ですが、 これも歩行と同じ判定で分かれます。 何もつかまらないでできるか、 何かにつかま

続きを見る

歩行

歩行についての調査です。 歩行は5mの歩行動作を見て判定します。 何かつかまるものがなくてもできるか 何かにつかまればできるか できないか という判定に分かれます。

続きを見る

両足での立位

さらに、両足での立位に続きます。 これは両足を床に付けた状態で10秒程度立った状態を安定して保持できるかの質問です。 支えなしでできる 支えがあればできる できない という

続きを見る

アドセンス336

アドセンス336

介護予防チェックリスト
要介護認定が受けれない?総合事業の壁。

介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業という事業

対象者の状態悪化
区分変更申請とは?

いったん要介護認定が出たあとで、 対象者の状態が急激に悪化し、より

調査員に対する怒り
認定調査員の態度や調査の仕方に不満があったら・・・

認定調査の調査員も様々です。 新規申請の場合は市役所の担

要支援2と要介護1とは認知症の有無・状態の安定性で判別される。
要支援2と要介護1はどこで分かれるのか?

要介護認定訪問調査の情報での一次判定において、要支援2と要介護1は同じ

認知症の状態についての観察
認知症高齢者の日常生活自立度

障害高齢者の日常生活自立度と同じように、 認知症高齢者の日常

→もっと見る

PAGE TOP ↑