*

認定調査の現実

公開日: : 最終更新日:2014/06/05 認定調査とは

認定調査の項目

介護保険で必要なサービスを利用するために必要なのが要介護認定。

この要介護認定において、もっとも重要なウエイトを占めるのが調査員による認定調査です。

全部で74の項目の質問を回答することで、介護にかかる手間を推計するのが要介護認定における認定調査です。

しかし、この認定調査の公平性や調査員の質が問題となり、本当に必要としているサービスが受けられなくなるという弊害が生まれています。

調査員の質もバラバラですので、対象者の状態が同じでも調査によって要介護度が全く違って出てくることも少なくありません。

まったく同じ質問に同じ内容で答えたとしても、それを聞き取る調査員の判断で、状態を軽く判定されてしまう可能性もあります。

調査自体には細かい判定基準が決まっていますが、質問に対する回答の内容をどこまで調査員が汲みとって反映できるかは
調査員の質にゆだねられてしまうというのが現状です。

だとしたら、調査を受ける側が、不当に介護度を低くされないために、知識を持ち、準備をすることで、
必要としている介護認定の結果に近づけることが出来ます。

正しい要介護認定を受けるために、認定調査ではどのような点に注意すべきなのか、
調査項目ごとにそのポイントを解説していきたいと思います。

アドセンス336

関連記事

要介護認定調査に備えて

在宅介護のスタートは要介護認定調査から

現在、要介護・要支援の認定を受けている方の総数は、全国で600万人を超えています。 こ

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護予防チェックリスト
要介護認定が受けれない?総合事業の壁。

介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業という事業

no image
区分変更申請とは?

いったん要介護認定が出たあとで、 対象者の状態が急激に悪化し

調査員に対する怒り
認定調査員の態度や調査の仕方に不満があったら・・・

認定調査の調査員も様々です。 新規申請の場合は市役所の担

要支援2と要介護1とは認知症の有無・状態の安定性で判別される。
要支援2と要介護1はどこで分かれるのか?

要介護認定訪問調査の情報での一次判定において、要支援2と要介護1は同じ

認知症の状態についての観察
認知症高齢者の日常生活自立度

障害高齢者の日常生活自立度と同じように、 認知症高齢者の日常

→もっと見る

  • 不安解消!親の入院・介護のしくみと手続きがすぐわかる本 あなたの親を支えるための 介護準備ブック 新・要介護認定調査ハンドブック 第3版 改訂新版 上手に活用!介護保険&介護サービス: 要介護560万人時代の必須知識!
PAGE TOP ↑