*

同じ話をする

公開日: : 4 精神・行動障害

同じ話をする

続いては「同じ話をする」です。
しつこく同じ話をする頻度についての調査です。
これも「ない」「ときどきある」「ある」の3つです。

よく同じ話をするからと言ってこれに該当するわけではなく、
不適切な場面で聞いてもいないことを繰り返しするような場合には
これに該当します。

昔経験したことの話をよくしていて、何度も同じ話を聞かされるということはあるかと思いますが、
その話をすることが不適切な場面でそれをしているかどうかということが問われます。

アドセンス336

関連記事

落ち着きがない

落ち着きなし

「落ち着きなし」というのは、家に帰るなどと言い、落ち着きがなくなる状況を言います。 もとも

記事を読む

作話についての調査

作話

続いては「作話」についての調査です。 4軍の調査はすべて同じ、「ない」「ときどきある」

記事を読む

収集癖

収集癖

「収集癖」については いろんなものを集めたり無断で持って帰ってきたりすることをいいます。

記事を読む

壊れた茶碗

物や衣類を壊す

  「物や衣類を壊す」というのは洋服をびりびり破り捨ててしまったり、 茶碗

記事を読む

介護への抵抗

介護に抵抗する

「介護に抵抗する」というのは、 介護者による介護を拒否したり、言っても話を聞かないために

記事を読む

昼と夜の区別

昼夜逆転

続いての質問が第四群で4つめの質問。「昼夜逆転」です。 これも同じように、「ない」「ときど

記事を読む

感情についての調査

感情が不安定

第4群で3つ目の調査は「感情が不安定」かどうかの質問です。 不適当な場面で感情的に泣い

記事を読む

独り笑い

独り言・独り笑い

  「独り言・独り笑い」というのは、 性格的な理由やもともと独り言が多いと

記事を読む

ひとりで出たがる

一人で出たがる

「一人で出たがる」は 一人で外に出たがり目が離せない状態のことをいいます。 いわゆる徘徊

記事を読む

物忘れの有無

ひどい物忘れ

  「ひどい物忘れ」という項目は、 単純な聞き間違いや知人の名前を忘れると

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護予防チェックリスト
要介護認定が受けれない?総合事業の壁。

介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業という事業

no image
区分変更申請とは?

いったん要介護認定が出たあとで、 対象者の状態が急激に悪化し

調査員に対する怒り
認定調査員の態度や調査の仕方に不満があったら・・・

認定調査の調査員も様々です。 新規申請の場合は市役所の担

要支援2と要介護1とは認知症の有無・状態の安定性で判別される。
要支援2と要介護1はどこで分かれるのか?

要介護認定訪問調査の情報での一次判定において、要支援2と要介護1は同じ

認知症の状態についての観察
認知症高齢者の日常生活自立度

障害高齢者の日常生活自立度と同じように、 認知症高齢者の日常

→もっと見る

  • 不安解消!親の入院・介護のしくみと手続きがすぐわかる本 あなたの親を支えるための 介護準備ブック 新・要介護認定調査ハンドブック 第3版 改訂新版 上手に活用!介護保険&介護サービス: 要介護560万人時代の必須知識!
PAGE TOP ↑