*

ひどい物忘れ

公開日: : 4 精神・行動障害

物忘れの有無

 

「ひどい物忘れ」という項目は、
単純な聞き間違いや知人の名前を忘れるといったことではなく、
火の不始末やお金や通帳をなくしてしまうなどの
大きな問題が発生しているかどうかを確認するものです。

これも、「ない」「ときどきある」「ある」に分かれます。

料理していたことを忘れて鍋を焦がしてしまった、などもこれにあたります。
ひどい物忘れにより、他の人が対処をしなければいけないような状況になるときに
これが該当となります。

買い物をしに行って、買い物をして帰ってきたけれど、ネギを買い忘れたので、
家族がそれを買いに行ったという場合も確かに他の人が対処をしなければいけない状況ではありますが、
これを「ある」ととらえるかどうかはその内容や頻度などにもよりますが、
「ひどい」物忘れに該当するかというと難しいと思われます。

 

アドセンス336

関連記事

昼と夜の区別

昼夜逆転

続いての質問が第四群で4つめの質問。「昼夜逆転」です。 これも同じように、「ない」「ときど

記事を読む

作話についての調査

作話

続いては「作話」についての調査です。 4軍の調査はすべて同じ、「ない」「ときどきある」

記事を読む

ひとりで出たがる

一人で出たがる

「一人で出たがる」は 一人で外に出たがり目が離せない状態のことをいいます。 いわゆる徘徊

記事を読む

感情についての調査

感情が不安定

第4群で3つ目の調査は「感情が不安定」かどうかの質問です。 不適当な場面で感情的に泣い

記事を読む

壊れた茶碗

物や衣類を壊す

  「物や衣類を壊す」というのは洋服をびりびり破り捨ててしまったり、 茶碗

記事を読む

独り笑い

独り言・独り笑い

  「独り言・独り笑い」というのは、 性格的な理由やもともと独り言が多いと

記事を読む

同じ話をする

同じ話をする

続いては「同じ話をする」です。 しつこく同じ話をする頻度についての調査です。 これも「な

記事を読む

落ち着きがない

落ち着きなし

「落ち着きなし」というのは、家に帰るなどと言い、落ち着きがなくなる状況を言います。 もとも

記事を読む

話がまとまらない

話がまとまらない

  「話がまとまらない」というのは 話の途中でポンポン次の話の内容に変わっ

記事を読む

走る高齢者

自分勝手に行動する

  「自分勝手に行動する」というのも、 性格的に身勝手であったり自己中心的

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

区分変更申請件数と感染者数のグラフ
新型コロナウイルス感染拡大と区分変更申請件数増加の関係

新型コロナウイルスの感染拡大により、高齢者の要介護度が全国的に悪化し

新型コロナウイルス
新型コロナウイルスの影響による認定有効期間の延長について

新型コロナウイルス感染拡大。要介護認定は? 現在、新型コロナウ

介護予防チェックリスト
要介護認定が受けれない?総合事業の壁。

介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業という事業

対象者の状態悪化
区分変更申請とは?

いったん要介護認定が出たあとで、 対象者の状態が急激に悪化し、より

調査員に対する怒り
認定調査員の態度や調査の仕方に不満があったら・・・

認定調査の調査員も様々です。 新規申請の場合は市役所の担

→もっと見る

PAGE TOP ↑