*

拘縮の有無

公開日: : 最終更新日:2014/10/13 1 基本動作・起居動作

肩

麻痺の調査に続いては、関節拘縮の調査です。
拘縮というと難しい言葉に聞こえますが、要は関節がどのくらいまで動くかどうかの調査で、関節の可動域を判定するものです。

関節可動域とは、どのくらいの範囲まで関節が動くのか、その範囲をいいます。
加齢や廃用症候群などによって、これが狭くなっていき、生活に支障が出るようになります。

自力で行うことができなくても、
調査員や家族が介助して、その範囲までの動きが可能であれば、その場合は「関節拘縮なし」の判定となります。
具体的には、麻痺の質問と同じで腕が肩の高さまで上がるか
座った状態から膝関節をほぼ真っ直ぐ伸ばした状態から90°程度他動的に曲げることができるか、
という項目と、
股関節が拳2個分の大きさまで開くことができるか、という項目があります。

これも重要なことは、麻痺の時と同じです。
痛みがあるときはその時点で終了することになっています

痛みを申し出ないことで、体に無理をさせた反動が来る場合もあります。
痛みがあった場合は正直に申告しましょう。

※ご指摘を受け一部修正しております(H26.10.13)

アドセンス336

関連記事

洗身・入浴についての調査

洗身

「洗身」は、浴室などでどのように体を洗っているかという項目です。 介助をされていな

記事を読む

爪切りの調査

爪切り

「爪切り」は手足の爪切りに関する項目です。 爪切りをするのに、誰かの介助を受けているか

記事を読む

両足の立位

両足での立位

さらに、両足での立位に続きます。 これは両足を床に付けた状態で10秒程度立った状態を安定して保

記事を読む

ベッド

起き上がり

次も寝た状態からの調査項目です。 これは起き上がりができるかどうか、能力を問う調査です。

記事を読む

寝返りのイラスト

寝返り

続いての調査は、寝返りの調査になります。 これは寝た姿勢から自分で体の向きを変え安定し

記事を読む

立ち上がり

立ち上がり

次の項目は、「立ち上がり」です。 椅子からの立ち上がり動作ができるかどうかの調査ですが

記事を読む

片足での立位

片足での立位

  続いての調査項目は、「片足での立位」です。 これは片足を上げた状態

記事を読む

座位の保持について

座位

座位についての調査です。 これは「座ることができるか」を問う調査ではなく、「座った姿勢

記事を読む

膝の写真

麻痺の有無について

ここからは具体的な調査項目について掲載していきます。 まず最初の項目は、麻痺と関節拘縮

記事を読む

聴力の調査

聴力

「聴力」は会話をするのに、大きな声なら聞こえるのか、 まったく聞こえないのかといった判別に

記事を読む

アドセンス336

Comment

  1. むこすた より:

    >座った状態から足が膝と水平の高さまで上がるか

    これは麻痺を確認する動作です。

    テキスト40ページより抜粋

    膝関節をほぼ真っ直ぐ伸ばした状態から90°程度他動的に曲げることができない場合に「制限あり」とする。

    あくまで膝関節の伸展と屈曲の範囲を確認する項目です。
    足が膝と水平の高さまで上がるかを確認する必要性はありません。膝裏の筋を痛めさせかねないです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護予防チェックリスト
要介護認定が受けれない?総合事業の壁。

介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業という事業

no image
区分変更申請とは?

いったん要介護認定が出たあとで、 対象者の状態が急激に悪化し

調査員に対する怒り
認定調査員の態度や調査の仕方に不満があったら・・・

認定調査の調査員も様々です。 新規申請の場合は市役所の担

要支援2と要介護1とは認知症の有無・状態の安定性で判別される。
要支援2と要介護1はどこで分かれるのか?

要介護認定訪問調査の情報での一次判定において、要支援2と要介護1は同じ

認知症の状態についての観察
認知症高齢者の日常生活自立度

障害高齢者の日常生活自立度と同じように、 認知症高齢者の日常

→もっと見る

  • 不安解消!親の入院・介護のしくみと手続きがすぐわかる本 あなたの親を支えるための 介護準備ブック 新・要介護認定調査ハンドブック 第3版 改訂新版 上手に活用!介護保険&介護サービス: 要介護560万人時代の必須知識!
PAGE TOP ↑