*

座位

公開日: : 最終更新日:2014/06/05 1 基本動作・起居動作

座位の保持について

座位についての調査です。

これは「座ることができるか」を問う調査ではなく、「座った姿勢を保持できるか」の調査です。

判定としては、4パターン。

 

  • 支えが無くてもできる
  • 自分の手で支えればできる
  • 支えてもらえばできる
  • できない

この4種類です。

普段座っている椅子に10分間姿勢を保って座っていることができるか、ですので、
背もたれがないと姿勢が保持できないようであれば、「支えてもらえばできる」に判定されます。

調査では「できる」と答えておきながら、
ずっと背もたれにもたれっぱなしの方もたくさん見かけます。

また、姿勢がだんだんと右側に傾いてきてしまうので、
姿勢を保つためのクッションを右脇にはらんでいる方も
この場合、「支えてもらえばできる」に判定されます。

ただ、注意してほしいのは、少しでも重い要介護度にしてもらおうと、支えてもらえれば座位ができる、と
背もたれにもたれかかって演技をする方もいますが、
その後の調査の時間、ずっと背もたれを使わずに調査を受けられていたら、
それは背もたれがなくても座位姿勢が保持できるものと判定される可能性が高くなります。

質問以外の場面でも調査員は対象者の状況を見ていることをお忘れなく。

アドセンス336

関連記事

両足の立位

両足での立位

さらに、両足での立位に続きます。 これは両足を床に付けた状態で10秒程度立った状態を安定して保

記事を読む

聴力の調査

聴力

「聴力」は会話をするのに、大きな声なら聞こえるのか、 まったく聞こえないのかといった判別に

記事を読む

膝の写真

麻痺の有無について

ここからは具体的な調査項目について掲載していきます。 まず最初の項目は、麻痺と関節拘縮

記事を読む

視力確認表:人差し指

視力

「視力」は、新聞や雑誌などの字が読めるか、 1m離れた先の視力確認表の図が見えるか、質問して確認を

記事を読む

片足での立位

片足での立位

  続いての調査項目は、「片足での立位」です。 これは片足を上げた状態

記事を読む

肩

拘縮の有無

麻痺の調査に続いては、関節拘縮の調査です。 拘縮というと難しい言葉に聞こえますが、要は関節

記事を読む

認定調査:歩行

歩行

歩行についての調査です。 歩行は5mの歩行動作を見て判定します。 何かつかまる

記事を読む

立ち上がり

立ち上がり

次の項目は、「立ち上がり」です。 椅子からの立ち上がり動作ができるかどうかの調査ですが

記事を読む

洗身・入浴についての調査

洗身

「洗身」は、浴室などでどのように体を洗っているかという項目です。 介助をされていな

記事を読む

ベッド

起き上がり

次も寝た状態からの調査項目です。 これは起き上がりができるかどうか、能力を問う調査です。

記事を読む

アドセンス336

Comment

  1. ルーシー より:

    1ー5座位保持
    定義が間違っています。
    あなたが書いてある条件だと、生活様式によっては判定そのものができない人が出てしまいます…
    解答は
    テキストp43(3)2・3行 に書いてあります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護予防チェックリスト
要介護認定が受けれない?総合事業の壁。

介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業という事業

no image
区分変更申請とは?

いったん要介護認定が出たあとで、 対象者の状態が急激に悪化し

調査員に対する怒り
認定調査員の態度や調査の仕方に不満があったら・・・

認定調査の調査員も様々です。 新規申請の場合は市役所の担

要支援2と要介護1とは認知症の有無・状態の安定性で判別される。
要支援2と要介護1はどこで分かれるのか?

要介護認定訪問調査の情報での一次判定において、要支援2と要介護1は同じ

認知症の状態についての観察
認知症高齢者の日常生活自立度

障害高齢者の日常生活自立度と同じように、 認知症高齢者の日常

→もっと見る

  • 不安解消!親の入院・介護のしくみと手続きがすぐわかる本 あなたの親を支えるための 介護準備ブック 新・要介護認定調査ハンドブック 第3版 改訂新版 上手に活用!介護保険&介護サービス: 要介護560万人時代の必須知識!
PAGE TOP ↑